2017年06月04日

5/28の教会学校のようす

  礼拝では、神様にカインは野菜を、アベルは心からの感謝を込めて羊を捧げたお話を。

  神様は、アベルの捧げものを喜ばれたので、カインは腹を立てました。神様は、カインに「あなたが正しい気持ちで捧げたなら私は喜ぶ。悪い気持ちに負けないように」と話されたが、怒りはどんどん広がり、とうとう弟を殺してしまいました。(創世記4:1〜16)
  私も、ある人に注意をされ、「あの人が悪いんだ、私が正しい」と腹を立て、その人の一言が気になり元気がなくなりました。神様に自分の思いをお話ししたら、心の平安が与えられ、またその人と仲良くなれました。いつまでも怒ったままではいけません。

  分級では、フェルトボール、モール、目玉シールなどを使いパペットを作りました。(子供12名、大人&スタッフ9名)

◆今週の聖句
「人々は主の御名によって祈ることを始めた」
(創世記4:26)

posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

5月28日週報から「“よくなりたいか”と語りかけられる主」ヨハネの福音書5章1〜18節

◎先週5/21の礼拝◎
  50年に及ぶ医師としての働きを終えたC.O氏がハワイから来日、ともに礼拝を。礼拝53名(子供7名)。
  当日の滝口洋子牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「“よくなりたいか”と語りかけられる主」(ヨハネの福音書5章1〜18節)◎
  水がかき回される時、池に入ると言われていたベテスダの池の脇で、38年もの間、伏せていた病人がいました。彼の病は、体だけではなく心も病ませ、さらに社会との関わりにまで及んでいました。
  主イエスは、それらを全てを知ったうえで、「よくなりたいか」と声をかけられ、「床を取り上げて歩きなさい」と命じられたのです。それはキリストの権威ある癒やしの業であり、愛と憐れみの言葉でもありました。
  今日を生きる私たちにも、病も死も罪もあります。しかし、主イエスの愛のまなざしは、信じている人にはもちろん、今は信じていない人にも注がれ、今日も「よくなりたいか」と声をかけてくださっているのです。救いの恵みにあずかり、主とともに歩み、遣わされていきましょう。

◎本日午後は今年第1回目の「聖望美術サロン」です◎
  谷岡清講師の案内で、世界屈指のロシア「エルミタージュ美術館」を楽しみましょう。外部の方へのおもてなしも、よろしくお願いします。

◎6月2日(金)の市川家庭集会もお忘れなく!◎
  昨年6月もご奉仕くださった藤本満先生(インマヌエル高津キリスト教会牧師)が、今年もご用を。生き生きとした聖書の解き明かしと話術で評判です。

◎来月4回の主日礼拝の上にお祈りを!◎
●6月4日=福澤満雄牧師  ●6月11日=中村克哉hi-b.a.スタッフ  ●6月18日=竹下力伝道師  ●早矢仕宗伯牧師

◎来週6/4はペンテコステ(聖霊降臨日)。宣教は福澤満雄牧師◎
  3月に続き、今年3回目のご奉仕。マルコの福音書4章35〜41節より「人生の向こう岸」と題して。聖餐式、昼食後に「6月誕生者のお祝い」も。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/21の教会学校のようす

  礼拝では、アダムとエバが善悪の知識の木の実だけは食べていけないという神様とのたった一つの約束を破ったお話し。(創世記3章)

  アダムはエバのせいにし、自分が悪いのを認めず、自分を弁解し、自分を弁解し、神様に背く最初の罪を犯しました。
  エバは、神様の言葉をあやふやにとらえていたためサタンの誘惑にあいました。私たちと神様とのパイプも自己中心的になると細くなり、つまってしまいます。神様につながって栄養が与えられていると太いパイプになります。みことばを素直にとらえ大切に育てていきましょう。(子供7名、大人&スタッフ6名)

  分級では、誕生日の紹介の仕方、曜日、今日、明日、先週、来週などを手話で教わりました。

◆今週の聖句
「あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである」
(創世記4:7)


posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

5月21日週報から「無駄なペンキ」マルコの福音書14章14章1〜9節

◎先週5/14の礼拝◎
  5月の第2主日が教会行事として「母の日」と定められて久しいが、わが教会でさらに範囲広げて「女性の日」(成人)として祝ってきた。
  今年も、教会学校分級で作ったデザート用のお菓子(クランチクッキー)とカーネーション、それにある男性が心を込めて作ったスープパスタで、日頃お世話になっているささやかな感謝を‥‥。男性陣よ、次に続け!礼拝出席53名(子供6名)
  当日のマイク・マギンティー宣教師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「無駄なペンキ」(マルコの福音書14章14章1〜9節)◎
  私の宣教師としての訓練は、高校・大学時代に働いていたペンキ工場で始まった。長時間労働、安い賃金、暑くて汚れる仕事等…。その上、ある日、わたしはドラム缶10個をトラックで運んでいて、下ろす時に不注意で200リッターの黒ペンキをこぼしてしまい、無駄にしてしまった。
  今日の聖書の箇所に登場する、イエス様に高価な香油を注いだこの女性を通して、私たちは大切ないろいろなことを学ぶことができる。「土の器」と呼ばれるような弱い・はかない器にすぎないのに、神様はその中に「宝」(福音)を入れて「価値のある器」に造り変えてくださるのだ。
  パウロは、自分自身のいのちを教会のために、人々のために注ぎ出した。私たちも、自分の「宝」を神様の目的のために注ぎ出すべきである。

◎世界屈指の大美術館「エルミタージュ美術館」へどうぞ!◎
  5月28日(日)午後2時〜。今年の「聖望美術サロン」の第1回目。ロシア・サンクトペテルブルグ随一の宮殿(冬宮)でもある、この美術館の収蔵作品の数は300万点、展示室すべてを歩くと20q以上にも及ぶという。谷岡清講師の厳選した内容と名解説とをお楽しみください。

◎来週5/28の礼拝宣教は井上達夫アート・ミニスター◎
  3月26日に続いて2度目のご用。3週間の個展を終えて、ヘブル人への手紙1章10〜12節より「すでに世に勝利されたお方」と題して。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/14の教会学校のようす

  礼拝では、竹下力さんが「アダムとエバ」のお話しをしてくれました。(創世記1:26〜27、2:4〜25)

  科学でも、初めに地には何もなく、水ができる成分がなかったとしています。科学は、神様の存在抜きで計算しますが、それによると地球誕生は46億年もの歳月がかかる代物だそうです。私たち人間は、そのようなスケールの大きい自然界が整えられてから最後に神の形に似た特別な存在として神様の息が吹き込まれ、神様の言葉が理解できるように造られました。
 人間は、誰かの助けなしには、生きていけません。誰かを助けるために、それぞれ特別な持ち味が与えられています。助け手として、愛を持って生きたいものです。

  分級では、女性の日のお菓子作りをしました。女性の方々へ日頃の感謝を込めて、クランチクッキーとカーネーションをプレゼントしました。(子供6名、大人&スタッフ7名)

◆今週の聖句
「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです」
(ローマ3:23〜24)
  
posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

5月14日週報から「パウロの召命」ガラテヤ人への手紙1章1〜24節

◎先週5/7の礼拝◎
  前日に到着した藤崎信先生が元気に宣教を。礼拝計62名(子供9名)。
昼食後、「5月誕生者」の2名を祝った。
  当日の藤崎信牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「パウロの召命」(ガラテヤ人への手紙1章1〜24節)◎
  私はこの手紙が大好きで、今日から数回にわたりここから語りたい。
  今年は宗教改革500年に当たる記念すべき年。その精神が私たちに、私の心にしっかりと根づいているかどうか?マルチン・ルターは、このガラテヤの手紙を愛読し、その講解を3回もやったといわれる。
  パウロはこの手紙の始めで、まず自分の使徒としての立場・権威が人によらずに、「イエス・キリストと、キリストを死者の中からよみがえらせた父なる神によったのです」と自ら述べている。そして今、自分が開拓したガラテヤの教会が他から忍び込んできたユダヤ主義的な反対者によって「キリストの福音」が違った方向に変質しつつあるのを“呪われるべき”と強く非難している。私たちもすべてを神に向けて生きたい。

◎公開講座「聖望美術サロン2017」のお申込みはお早めに!◎
  “居ながらにして世界の名作を楽しむ”。美術評論家・谷岡清講師が、自ら世界の有力美術館を訪れ撮影してきた多くの映像を用いてのビジュアル講座。今年も4回を予定。お早めのお申込みを!

◎来週5/21の礼拝宣教は滝口洋子牧師◎
  2月12日に続いて。今回は、ヨハネの福音書5章1〜18節より「“よくなりたいか”と語りかけられる主」と題して。午後は入門講座も。


posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/7の教会学校のようす

  礼拝では、天地創造を進化論と比較をしながらお話ししてくれました。(創世記1:1〜2:3)

  進化論は、何億年もの年数を経て生物が進化し、偶然が命を造ったとしますが、聖書は創造主なる神が世界を造ったと記しています。天地創造は、何億年もかかったわけではなく、神が朝夕を丁寧に数えながら7日で創造されました。創造の初めから7日目を特別の日と定め、7日毎の礼拝が今日に至っているのはそのためです。進化論はひとつの仮説であって、真理はひとつなのです。

  私たちの祖先は、猿ではなくアダムであり、私たちは神様の最高作品として「非常に良かった」とされ、良い行いをするために造られたのです。
  分級では、先週に引き続きガーデニングをし、プランターに土や肥料を入れました。(子供9名、大人&スタッフ9名)

◆今週の聖句
「神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された」
(創世記1:27)

posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

5月7日週報から(4/30証詞礼拝の様子)

◎先週4/30の礼拝◎
  証詞礼拝(主の恵みを語る)第55回目。今回は、ともに80歳を越えてお元気であり、かつまた先に病に倒れられたご主人のお世話をされているA姉とI姉のお二人が、主の変わらぬ恵みを語られた。礼拝出席61名(子供7名)。
  当日の2姉妹の証詞礼拝要旨は、以下の通り。

◎「今日まで守り導いてくださった主にただ感謝!」(A姉)◎
  私は1935年2月10日生まれですから、すでに82歳になりました。今年元旦の「1分間スピーチ」で、私は先ほど歌った聖歌292番の1番の歌詞と伝道者の書3章11節のみことばを「私の年間聖句」に選びました。
  信州伊那町の旧家の長男に生まれた私の兄は、多くの困難を乗り越えて牧師となり、のちに母に続いて私も、この兄からパプテスマを受けることに……。
  今は、病の床にある夫が一日も早くイエス様に出会えるのを祈っている。

◎「主よ、おわりまで仕えるこころをもたせたまえ!」(I姉)◎
  2001年9月11日、ニューヨークの世界貿易センタービルがハイジャックされた2機の飛行機の突撃によって崩壊した時、私は夫が運ばれた病院に通っていた。実は、その事件の10日ほど前の8月31日、北海道に用事で出かけた夫は羽田空港で倒れ、手術はできないと宣告された。
  言葉は出てこないので会話はありません。私の感情が相手に伝わると、相手の感情も不安定に…。賛美歌338番と今日の聖歌651番が今の私の願いであり心境です。また今日の招詞(ヨシュア13:1)にも励まされました。

◎「家庭集会36周年・感謝コンサート」無事・盛況のうちに!◎
  5日(金)午後2時〜。ボーマン・チェロに陶酔した。詳しくは次週に。

◎来週5/14の礼拝宣教はマイク・マギンティー宣教師◎
  昨年11月13日以来久しぶりのご用です。今回は、マルコの福音書14章1〜9節より「無駄なペンキ」と題して。どんな説教になるのか?

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/30の教会学校のようす

  礼拝では、よみがえったイエス様が、40日の間、何度も弟子たちに会い、聖書の話しを熱心にされたお話しを。(使徒1:3〜14)

  イエス様は、弟子たちに聖霊のパプテスマを受けることを話されました。「聖霊の力をいただいて、世界中の人にわたしのことを伝えるようになる」と言われ、弟子たちの目の前で天に昇られていきました。天を見上げ立ち尽くしている弟子たちに、御使いが、またイエス様がおいでになることを伝えました。
  イエス様は、見えなくなったけれど、世の終わりまでいつも私たちとともにおられるという約束があります。私たちの心の中におられ、みことばをもって色々なことを教え、励ましてくれます。

  分級では、教会2階のベランダでガーデニングをしました。まず土作りから始めました。(子供7名、大人&スタッフ8名)

◆今週の聖句
「初めに、神が天と地を創造した」(創世記1:1)


posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

4月30日週報から「あなたこそ地をいやす鍵」歴代誌第二7章14節

◎先週4/23の礼拝◎
  今年1月22日に続いて「声なき者の友」の輪代表・神田英輔牧師がご用を。ルワンダで1994年に起きたジェノサイド(大虐殺)の前回の話は、本当に恐ろしかった。それは、どこの国においても権利者次第で起こり得る話だからだ。礼拝60名(子供8名)。
  当日の神田英輔牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「あなたこそ地をいやす鍵」(歴代誌第二7章14節)◎
  ソロモンが主の宮(神殿)と王宮とを建て終え、祈りを捧げたその夜、主がソロモンとイスラエルの民に与えた言葉が今日の14節です。
  世界には、今も続く不条理が数多い。そしてまた、それへの対応として、次の3つの生き方があります。1.不条理そのものを自分の身につけていく、2.不条理を容認していく、3.不条理の解決に挑戦していく。
  あなたは、不条理に対して、どの生き方をしようとしていますか?
  神様は、この地が不条理によってどんなに病んで、汚染しても、それをいやすご計画を持っておられる。しかも、神に選ばれた人々を用いて、これをなそうとされるのです。皆さんも“神の民”として神に選ばれた人たちなのですから、からし種としての自分の生き方を求め続けなさい。

◎今週金曜日の「家庭集会36周年感謝コンサート」にご協力を!◎
  5月5日(金)午後2時〜3時半(開場=1時半)。クラシックの名曲の数々を、ベアンテ・ボーマン師による典雅なチェロ演奏でお楽しみください(ルリ子姉によるピアノ演奏もあり)。お申込みは今日中に!

◎来月4回の主日礼拝の上にお祈りを!◎
●5月7日=藤崎信牧師  ●5月14日=マギンティー宣教師  ●5月21日=滝口洋子牧師  ●5月28日=井上達夫アート・ミニスター

◎来週5/7の礼拝宣教は藤崎信牧師◎
  ガラテヤ人への手紙1章1〜24節より「パウロの召命」と題して。礼拝の中で「聖餐式」、昼食後「5月誕生者のお祝い」も。


posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする