2018年01月21日

1/14の教会学校のようす

  礼拝では、「声なき者の友」の輪・代表の神田英輔牧師が「今、世界はどうなっているのか?」と題して、30年間にわたる各国での支援活動や現状を、スライドを交えてお話ししてくれました。

  世界には、苦しんでいても声を上げることができない人々がおり、イエス様の愛を伝えるには行動することが必要だと、この悲惨な状況に手を差し伸べてくれるよう全国に働きかけました。
  餓えで亡くなる人が1990年に1200万人だったのが、世界中でなされた援助による同様の働きによって半分に減りました。
  しかし近年、技術進歩やグローバル化で世界が激変し、内戦やテロ、気候変動などから社会の不安定化や格差の広がりも生じ、支援のあり方が問い直されています。外からの援助は逆に自立を妨げます。人々がイエス様によって回復し、御国が建設されるよう仕える姿勢が大切です。小さな愛の種を蒔きましょう。

  分級では、今日の感想を分かち合いました。(子供6名、大人&スタッフ10名)

◆今週の聖句
「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」
(マタイ4:4)
posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

1月14日週報から「今あるは神の恵み」1コリント15:1〜11他

◎先週1/7の礼拝◎
  新年礼拝。前日の6日(土)夕方、加須から到着された藤崎信先生、今年変わらぬ笑顔だ。まさに「夕暮れになりても光あり」(ゼカリヤ書14:7)の生き方を自ら示してくださっているのだ。私たちも、これに倣いたい。先生のご希望の如く、先生のためにお祈りを!
  昼食後、「1月誕生者」の佐々木卓也兄(3日、43歳)と五十嵐和子姉(5日、88歳)の2名を祝い、藤崎先生が熱き祈りを。礼拝計61名(子供6名)
  当日の藤崎信牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「今あるは神の恵み」(1コリント15:1〜11、ゼカリヤ14:7)◎
  昔の賛美歌(411番)に「あたらしき年主の愛をしめす、めぐみはたえせじ年のおわるまで」とあります。神様がいらっしゃると、夕方になっても光がある、というのです。私たち高齢者には、ありがたい言葉です。
  またガラテヤ書2:20が示されました。「最早われ生くるにあらず、キリスト我が内に在りて生くるなり」。今年こそキリストに従って生きたい。ボンヘッファーがよく用いた「信仰による服従」に私も倣いたい。
  イエス・キリストは、本当に“仕える人”であった。天から降ってくださり、私たちに仕えてくださったばかりか、神との和解者となられた。それだけでなく、周りの人(世の中)との和解、自分自身との和解もキリストなくしては不可能だ。私たちも仕えることにより下って行こう。

◎来週午後の「南水ひとり語り」の申し込みは今日中に!◎
  定員になり次第締め切ります。今年の南水さんの活動は聖望教会から始まります。

◎来週1/21の礼拝は福澤満雄牧師◎
  昨年8月20日以来。今回は、イザヤ書6章1〜8節より「神に出会った人」と題して。今年、福澤先生はすべての奇数月に来られます。


posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

1/7の教会学校のようす

 礼拝では、イエス様が12歳の時の過ぎ越しの祭りの出来事をお話しを(ルカ2:40〜52)。

  神殿でイエス様と問答していた学者たちは、若いイエス様の知恵に驚嘆しました。しかし、家族から離れていなくなったイエス様を、心配しながら探し回っていた母マリヤの驚きは、いかほどだったでしょう。私たちは目の前の状況に心を奪われがちですが、マリヤは信仰と冷静さをもって、これを心に留めました。
  また、イエス様の「わたしは父の家にいる」との言葉から、「父の家」は「祈りの家」(ルカ19:45)であり、祈りの大切さを覚えました。

  分級では、それぞれが一年の抱負を色紙に書いて、礼拝で発表しました。(子供6名、大人&スタッフ6名)

◆今週の聖句
「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」
(マタイ5:16)

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

12月24日週報から

◎先週12/17の礼拝◎
  アドベント第3主日。前日「第36回子供クリスマス会」司会で大活躍のI夫妻により3本目のローソクに火が点った。
 前日の疲れを癒やすべく、恒例となった名作ビデオの観賞礼拝。今回は、2014年公開のフランス映画『奇跡のひと−−マリーとマルグリット』(カラー94分)。三重苦の少女マリーと不治の病で余命わずかな修道女マルグリットとの“戦い”とも呼ぶべき、ふたつの魂のぶつかり合い。感動の結末に涙を禁じ得なかった。礼拝計56名(子供9名)。

◎「子供クリスマス会」(第36回)主の守りと祝福のうちに!◎
  12月16日(土)夕方4時半〜6時半。心配された天気も朝から快晴だ。11時に集合したスタッフおよびお手伝いたちによって準備も快調に進む。
  3時40分、一同が揃って祈りを捧げたのち4時開場。玄関前でサンタさんと着ぐるみのリスさんに今年はクマさんも加わって、次々に訪れる子供や親たちを心から迎えた。4時半、第一部がスタート。「もろびとこぞりて」を全員で歌ったあと、大型紙芝居「君は愛されるために生まれた」に子供たちの目が完全に引き寄せられた。山口真由夏さんのバイオリン演奏「ディズニー・メドレー」も素敵だった。
  休憩後の第二部は、恒例の数当てクイズ、福引き、じゃんけんゲームに大興奮が続いた。最後は、みかんローソクの灯で「きよしこの夜」を合唱。閉会の祈りで終了。軽食とサンタからの贈り物も。出席132名(子供と親96名)。

◎本日午後の「洗礼祝会」から「イブ燭火礼拝・愛餐会」までどうぞ!◎
  一日たっぷり「クリスマス」に浸りましょう。聖歌隊の合唱、2時〜3時は山口真由夏さんの演奏、燭火礼拝、キャロリング、愛餐会まで。

◎来週12/31は、今年最後の感謝礼拝です!◎
  2017年が守られたことを、各々が感謝して一年を締めくくりましょう。一人1〜2分で、それぞれこの一年の感謝をまとめておいてください。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/17の教会学校のようす

  礼拝では、「ヨセフへの告知」と題してお話しを(マタイ1:18〜25)。

  み使いから、聖霊による受胎告知を受けた処女マリヤは、あらゆる恐れを乗り越えて「おことばどおりこの身になりますように」と、この信じ難い事実を受け入れました。しかし、婚約者ヨセフは彼女の妊娠を知って悩み、内密に離縁することを考えます。
  み使いは夢でヨセフに現れ、その子が神によって生まれることを告げ、イエスと名付けるよう命じます。ヨセフはそれを信じ、困難を承知でマリヤを妻として迎えました。恵みの主イエス様は、信仰と、神に従う勇気をもったこの二人を通して来られたのです。

  分級は、手術を控えたKさんと、吉枝先生ご夫妻へカードを書き、ビンゴゲームをしました。(子供9名、大人&スタッフ7名)

◆今週の聖句
「主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです」
(2コリント8:9)

posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

12月10日週報から「慰めよ。わたしの民を」イザヤ書40章1〜11節

◎先週12/3の礼拝◎
  アドベント(待降節)に入りました。大竹堅固・登巳子兄姉により、ミカ書5章2〜4節の朗読の後、1本目のローソクに火が点されました。
  早矢仕宗伯牧師が宣教と2度目の聖餐式も。礼拝計56名(子供6名)
  昼食後、「12月誕生者」7名をお祝いし、滝口洋子牧師が祝福の祈りを。
  当日の早矢仕宗伯牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「慰めよ。わたしの民を」(イザヤ書40章1〜11節)◎
  神様(イエス様)は、いつでも私たちを「お帰り!」と言って迎えてくださるばかりか、私たちの言うことに耳を傾けてくださるお方です。
  神は、今から約2700年前、預言者イザヤに、南ユダ王国がバビロニア帝国によって滅ぼされてしまうことを証しさせた後、ユダの人々を慰めるようにと言葉をお与えになった。事実、ユダ王国は、100年後に滅んでしまうが、神はすでに100年前から「慰め」を語られていたのです。
  神の言葉は滅びません。イザヤに与えられた神の言葉は、歴史の中で二度実現しました。神は、今日も私たちに慰めを語り続けておられます。
  その慰めの言葉が再び実現し、世界中に響き渡る時、主イエスが世界を完全に救い、私たちを神の子ご自身の似姿に変えるために来るのです。

◎今週土曜日(16日)の「子供クリスマス会」(第36回)にご協力を!◎
  子供たちに「本当のクリスマスの意味と楽しい思い出を!」で始まった36回目。訪れて来る大勢の親子を心からの“もてなし精神”で迎えましょう。

◎来週12/17はアドベント第三主日。礼拝は12月恒例の「名画鑑賞会」です!◎
  教会の一大イベントである「子供クリスマス会」の翌日ですので、今回は「ふたりのヒロインが放つ再生と希望にあふれた感動の実話!」。愛と奇跡のドラマでどうぞお疲れをとってください。内容はお楽しみに!

ラベル:イザヤ書
posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/3の教会学校のようす

  礼拝では、イザヤがイエス様誕生の700年前に救い主誕生の預言をしたお話しを。

  イスラエルは、偽物の神を拝み、神様から離れてしまい、強い国から攻撃されて、暗く、先を見通せない苦しみの時でした。そんな時代に、神様は、イザヤを通し、平和をくださる救い主が生まれるという希望を与えてくださいました。この約束は、イスラエル人だけでなく、すべての時代の人のためのものでもあったのです。その約束通り、イエス様がお生まれになったことをお祝いするのがクリスマスです。

 一週ごとにローソクで明かりを照らし、神様に感謝しながら祈って、クリスマスを待ち望みましょう。(イザヤ9:1〜7、ミカ5:2)

  分級では、イチゴと抹茶のムースを作りました。みんなと昼食のデザートにいただきました。(子供6名、大人&スタッフ11名)
◆今週の聖句
「神にとって不可能なことは一つもありません」
(ルカ1:37)

posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

12月3日週報から「自分を高くする者は引くされ」マタイの福音書23章1〜12節

◎先週11/26の礼拝◎
  前週19日午後に、教会内外の大掃除を終えてスッキリとしたなか、中村克哉hi-b.a.スタッフが“肺腑を抉る”今年最後の宣教を。礼拝計56名(子供7名)。
  当日の中村克哉hi-b.a.スタッフの礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「自分を高くする者は引くされ」(マタイの福音書23章1〜12節)◎
  イエス様は、私たちがへりくだり続けることを、聖書全体を通して教えておられる。ここでは、まず「彼らの行いをまねてはいけない」と言われた。彼らとは律法学者、パリサイ人たちのことで、「言うことは言うが、実行しない」。人にばかり荷を負わせて、自分は全くしない。
  さらにイエス様は言われる。「(彼らは)人から先生と呼ばれることを好む」と。そのような、人からの評価が第一ではなく、神様からの評価を第一とする生き方を、隠れた所で見ておられる天の父が喜ばれる、と。
  最後に、イエス様は「仕える人になりなさい。自分を低くしなさい」と。「仕える」には1.塵をかぶるとか2.犠牲を払っていくの意味があるそうで、まさにイエス様は仕えることに徹したお方。お手本はイエス様!

◎今日から「アドベント」(待降節)に!
  クリスマス(25日)までの約4週間の準備期間をいう。8世紀からは、この日が教会暦の一年の初めの日と定められた。この期間、暗闇を照らす“光”として、この地上に降ってくださった神のひとり子イエス様に思いをいたし、感謝を増し加えて、主のご降誕を心からお祝いしましょう。

◎「子供クリスマス会」(第36回)の準備にご協力を!◎
  12月16日(土)まであと2週間。綺麗な案内チラシも出来上がりました。まず身近な子供たちにお誘いを!猫の手よりあ・な・たの手が必要です。

◎来週12/10はアドベント第2主日。礼拝宣教は竹下力伝道師◎
  2本目のローソクに火が点ります。イザヤ書9章1〜7節より「救い主の預言」と題して。礼拝後、16日(土)子供クリスマス会の役割分担を決めます。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/26の教会学校のようす

  礼拝では、竹下力さんが、アブラハムから召使いがイサクの結婚相手を探すように頼まれたお話しをしてくれました。(創世記24章)

  イサクの結婚相手の条件は、神を信じる、カナンに来てくれる女性でした。アブラハムに命じられた召使いは、まずアブラハムの故郷へ行き、祈り、主に信頼しました。そして祈りの条件がすべて満たされたリベカが結婚相手として導かれました。
  この召使いも、初めは困ったことでしょう。神様は、悩みを聞いてくたさり、共にいて助け、成し遂げてくださるのです。

  分級では、「クリスマス」「12月にやりたいこと」のお題を受けて、川柳を作り、発表しました。(子供7名、大人&スタッフ7名)

◆今週の聖句
「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる」
(イザヤ9:6)
posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

毎年恒例のクリスマス・イルミネーションが始まりました

来月12月からのアドベント(待降節)を前に、クリスマスの飾りつけを行ないました。
お近くにお越しの際には、ぜひ、お楽しみください。

聖望教会

なお、クリスマス各種行事・礼拝予定は、以下の通りです。

12月1日(金)午後7時〜
 市川家庭集会<クリスマス・スペシャル>
 「はざた雅子 カンテレ夕べ」(カンテレ:フィンランドの民族楽器)
       
12月16日(土) 午後4:00〜6:30(開場3:30)
 第36回 子供クリスマス(※事前にお申込み下さい)

12月24日(日) 午前10時半〜
 クリスマス礼拝 宣教:藤崎信牧師

12月24日(日) 午後4時半〜
 イブ燭火礼拝 (蝋燭の明かりの中でミニ礼拝を)

聖望教会イルミネーションクリスマス飾り付け
続きを読む
posted by seibou at 15:13| 礼拝の予定・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする