2017年12月03日

11/26の教会学校のようす

  礼拝では、竹下力さんが、アブラハムから召使いがイサクの結婚相手を探すように頼まれたお話しをしてくれました。(創世記24章)

  イサクの結婚相手の条件は、神を信じる、カナンに来てくれる女性でした。アブラハムに命じられた召使いは、まずアブラハムの故郷へ行き、祈り、主に信頼しました。そして祈りの条件がすべて満たされたリベカが結婚相手として導かれました。
  この召使いも、初めは困ったことでしょう。神様は、悩みを聞いてくたさり、共にいて助け、成し遂げてくださるのです。

  分級では、「クリスマス」「12月にやりたいこと」のお題を受けて、川柳を作り、発表しました。(子供7名、大人&スタッフ7名)

◆今週の聖句
「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる」
(イザヤ9:6)
posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする