2017年03月26日

3月26日週報から「三つのうめき」ローマ人への手紙8章18〜30節

◎先週3/19の礼拝−日加合同礼拝の感!ハレルヤ!◎
  3月19日が聖望教会にとって忘れ得ぬ日となった。アメリカ南部の出身ながら、リージェント神学校の創立者フューストン博士の弟子となり、その後、ウェストモント・カレッジ、キャレイ神学校そして母校のリージェントで神学を教えてこられたジョナサン・ウィルソン教授が宣教され、それを当教会出身のウォーレン志保子司祭が通訳を。急に日本とカナダの距離が狭まったようだ。礼拝78名(子供10名)
  カナダChuch of All Nationsの一行は、福島の諸教会支援と長崎巡礼の旅を終えて、先週それぞれ帰られた。
  当日のジョナサン・ウィルソン教授の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「三つのうめき」(ローマ人への手紙8章18〜30節◎ 
  私の父はアメリカ南部のバブテスト派の牧師であったが、1964年に来日している。その約50年後の2012年に、主は私を福島へと導いてくれた。私の妻スワンは6年前の大震災から毎年来ているが、私は3回目である。
  今日のメッセージは、半分は神様の言葉を、半分は私の目を通して見た福島への思いを語りたい。まず、今日の聖書個所18〜28節では、1.被造物全体のうめき、2.人間のうめき、3.聖霊のうめきが語られる。
  福島にあっても、まさにこの「三つのうめき」を感じざるを得ない。福島全体のうめきとともに、被造物全体のうめき、個々の人間のうめきに加え、とくに聖霊が内なるうめきをもって働かれているのを感じる。そのうめきは絶望で終わるのではなく、新生=新しい創造が待っているのです。

◎来月5回の主日礼拝の上にお祈りを!◎
●4月2日=牧野直之牧師  ●4月9日=秋山恵一牧師  ●4月16日=竹下力伝道師  ●4月23日=神田英輔牧師  ●4月30日=証詞礼拝(No.55)

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする