2020年01月01日

ようこそ 聖望キリスト教会へ

ch_00051.jpg
聖望教会のブログへようこそ。
このブログでは、集会の模様、各種ご案内などをお流ししております。
聖望教会では、以下のように集会が持たれています。
ぜひ、お気軽にお越しください。

■ 礼拝  日曜10:30〜
  ・礼拝予定  2017年1月〜3月  2017年4月〜6月
                         *5月28日のメッセンジャーは井上達夫氏に変更になりました。
  ・週報より
  教会学校 (日曜 9:30〜)

■ 市川家庭集会 第一金曜日19:00〜 (1月、11月はお休み)
  ・報告   ・2月 3月   予定4月 5月 6月 7月 
                  *ご注意ください。5月5日(金)は午後2時から、
                    「ベアンテ・ボーマンチェロコンサート」(要事前申し込み

【PICK UP】 
■ 

千葉県市川市市川3-37-12 [地図] 連絡先 TEL.047-321-3343(大竹宅)
posted by seibou at 00:00| 礼拝の予定・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

市川家庭集会予定 2017年7月、(8月はお休み)、9月

■市川家庭集会■ 第一金曜日午後7:00〜

7月7日(金No.613 吉持章牧師
8月はお休み
9月1日(金)No.614 菊池実牧師 


<市川家庭集会は、聖望キリスト教会の前身となった集会です。>
 現在も教会堂にて、毎月第一金曜の午後7時より行っております
 1月はお休み。5月、11月の集会は日曜日などに振り替え、コンサートを開催しています。
 
問い合わせ先 
市川家庭集会(聖望キリスト教会)
千葉県市川市市川3-37-12(〒272-0034)
連絡先 ☎047-321-3343(大竹)
posted by blessme at 22:40| 市川家庭集会のこれからの予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年7月、8月、9月 礼拝の予定+午後の予定、イベント

礼拝 日曜日午前10時:30〜  /昼食後 午後の予定
*加筆、修正する場合もございます。ご了承ください。

7月
  2日 藤崎信牧師   聖餐式  /7月お誕生者のお祝い
 9日 福澤満雄牧師  
16日 井上達夫アートミニスター       
23日 竹下力伝道師 
30日 証詞礼拝(N0.56)        
8月
 6日 滝口洋子牧師   聖餐式  /8月誕生者のお祝い                      
13日 竹下力伝道師       
20日 福澤満雄牧師    
27日 大竹堅固代表
9月
 3日 藤崎信牧師   聖餐式、 /9月お誕生者のお祝い
10日 秋山恵一牧師     
17日 神田英輔牧師        
24日 中村克哉hi-b.aスタッフ   
                           


●お問い合わせ/お申込先 
 聖望キリスト教会 千葉県市川市市川3-37-12
 連絡先 ☎ 047-321-3343(大竹)


市川家庭集会(第一金曜日午後7:00〜)については… 「こちらもご覧ください。




posted by blessme at 22:19| 礼拝の予定・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

6月12日週報から「人生の向こう岸」マルコの福音書4章35〜41節

◎先週6/4の礼拝◎
  ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝。1月15日、3月12日に続いて福澤満雄牧師がこの日にふさわしい力強い宣教をされ、先生を通して聖餐の恵みにも与り感謝でした。礼拝計58名(子供9名)。
  昼食後、「6月誕生者」の3名を皆で祝い、福澤先生が祝福の祈りを捧げた。
  当日の福澤満雄牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「人生の向こう岸」(マルコの福音書4章35〜41節)◎
  今日は、200年前弟子たちに聖霊が降った日。その時「あなたがたは力を受け…エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となる」とイエス様が約束されたように、まさにそのような日本にも福音が伝わって、主イエスを信じる者が起こされている。
  今日の記事は、ガリラヤ地方しか知らない弟子たちが向こう岸へ渡った第一歩である。彼らに限らず、人生は向こう岸へ渡る繰り返しである。
  しかし、イエス様はこの小さな舟の艫(後部)に乗っていてくださり、風や波に言うことを聞かせるお方なのです。このお方を信頼して、私たちの最後の向こう岸である“天国の港”に無事に着かしていただきましょう。

◎「市川家庭集会」祝福のうちに37年目がスタート!◎
  6月2日(金)夜7時〜。一教会の牧師としてではなく、100を超える教会を傘下に持つ伝道団の代表として超繁忙の中、今年も貴重なお時間を割いてくださった藤本満先生に大感謝!乞う来年も。出席37名。

◎来週6/18の礼拝宣教は竹下力伝道師◎
  列王記第一10章23節〜11章13節より「ソロモンの栄枯盛衰」と題して。喉の調子を崩していた竹下静姉もギリギリ守られました。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/4の教会学校のようす

  礼拝では、「レメクとセツ」と題してお話しを(創世記4:17〜5:32)。

  聖書には弟アベルを殺したカインと、その後に生まれたセツの子孫の系図が記されています。カインの子孫は、6代目の詩にも表れているように、食・文化・技術において発達し豊かであっても、神を恐れず悪に満ちた社会を形成しました。
  反対に、セツの子孫は、エノシュ(「弱い」の意)、エノク、ノアなど神の前にへりくだり、祈りつつ歩む者たちでした。
  私たちも人生で様々な選択をしますが、「神ととも歩む」という真に豊かな、永遠にいたる生き方を選びたいものです。

  分級では、川柳をつくり、礼拝で発表しました。お題は「目」と「祈り」でした。(子供9名、大人&スタッフ6名)

◆今週の聖句
「ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ」
(創世記6:9)
 
 
posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

6月4日週報から「すでに世に勝利されたお方」ヘブル人への手紙1章10〜12節

◎先週5/28の礼拝◎
  4月23日(日)〜5月7日(日)、5年前から毎年開催してきた個展を終えた井上達夫アート・ミニスターが、3月26日に続けて2度目の宣教を。今回はご家族に加え、4名の知人を同伴。礼拝計69名(子供12名)。
  当日の井上達夫アート・ミニスターの礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「すでに世に勝利されたお方」(ヘブル人への手紙1章10〜12節)◎
  今年は個展のためにアート教室も空手教室も休まねばならなかったが、神様が新しいことをしてくださるという確信があった。会期中に380人ほどの方々が来てくださり、特に初めての方々との交わりがあって感謝でした。
  今日の交読文の詩篇102篇は「悩む者の祈り」とあるように、苦しみの個所です。私にとっても「あなたが一緒にいなければ進めません」。
  以前、嵐の日に小舟に乗る弟子たちとイエス様(マタイ8章)1枚の絵に描いた時、この小舟に宇宙を創造された全能者が一緒におられる、という驚きを改めて覚えた。この方こそが、唯一の「本物の光」なのだ。
  サタンが用意する「偽りの光」に惑わされずに、安心して「この方こそが主、救い主である」と人々に伝えて間違いないのです。アーメン!

◎「聖望美術サロン2017」祝福のうちにスタート!◎
  5月28日(日)午後2時〜。5年目を迎えた今年のテーマは、一昨年・昨年に続いて「世界の有力美術館の名作を楽しむ」。その第1回目は、ロシア最大の「エルミタージュ美術館」。エカテリーナ女帝(1729〜96)がロシア帝国の威信をかけて収集した世界最大規模のコレクションから、お馴染みの谷岡清講師が厳選した代表作品を200枚近いスライドで堪能することが出来た。
 出席59名。次回は6月25日。エーゲ海の島々を探訪。

◎来週6/11の礼拝宣教は中村克哉hi-b.a.スタッフ◎
  2月26日に続いて。今回は、マタイの福音書22章34〜40節より「大切な戒め」と題して。礼拝後、hi-b.a.へ上期献金を託します。


posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/28の教会学校のようす

  礼拝では、神様にカインは野菜を、アベルは心からの感謝を込めて羊を捧げたお話を。

  神様は、アベルの捧げものを喜ばれたので、カインは腹を立てました。神様は、カインに「あなたが正しい気持ちで捧げたなら私は喜ぶ。悪い気持ちに負けないように」と話されたが、怒りはどんどん広がり、とうとう弟を殺してしまいました。(創世記4:1〜16)
  私も、ある人に注意をされ、「あの人が悪いんだ、私が正しい」と腹を立て、その人の一言が気になり元気がなくなりました。神様に自分の思いをお話ししたら、心の平安が与えられ、またその人と仲良くなれました。いつまでも怒ったままではいけません。

  分級では、フェルトボール、モール、目玉シールなどを使いパペットを作りました。(子供12名、大人&スタッフ9名)

◆今週の聖句
「人々は主の御名によって祈ることを始めた」
(創世記4:26)

posted by seibou at 23:59| 教会学校 (日曜 9:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

5月28日週報から「“よくなりたいか”と語りかけられる主」ヨハネの福音書5章1〜18節

◎先週5/21の礼拝◎
  50年に及ぶ医師としての働きを終えたC.O氏がハワイから来日、ともに礼拝を。礼拝53名(子供7名)。
  当日の滝口洋子牧師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「“よくなりたいか”と語りかけられる主」(ヨハネの福音書5章1〜18節)◎
  水がかき回される時、池に入ると言われていたベテスダの池の脇で、38年もの間、伏せていた病人がいました。彼の病は、体だけではなく心も病ませ、さらに社会との関わりにまで及んでいました。
  主イエスは、それらを全てを知ったうえで、「よくなりたいか」と声をかけられ、「床を取り上げて歩きなさい」と命じられたのです。それはキリストの権威ある癒やしの業であり、愛と憐れみの言葉でもありました。
  今日を生きる私たちにも、病も死も罪もあります。しかし、主イエスの愛のまなざしは、信じている人にはもちろん、今は信じていない人にも注がれ、今日も「よくなりたいか」と声をかけてくださっているのです。救いの恵みにあずかり、主とともに歩み、遣わされていきましょう。

◎本日午後は今年第1回目の「聖望美術サロン」です◎
  谷岡清講師の案内で、世界屈指のロシア「エルミタージュ美術館」を楽しみましょう。外部の方へのおもてなしも、よろしくお願いします。

◎6月2日(金)の市川家庭集会もお忘れなく!◎
  昨年6月もご奉仕くださった藤本満先生(インマヌエル高津キリスト教会牧師)が、今年もご用を。生き生きとした聖書の解き明かしと話術で評判です。

◎来月4回の主日礼拝の上にお祈りを!◎
●6月4日=福澤満雄牧師  ●6月11日=中村克哉hi-b.a.スタッフ  ●6月18日=竹下力伝道師  ●早矢仕宗伯牧師

◎来週6/4はペンテコステ(聖霊降臨日)。宣教は福澤満雄牧師◎
  3月に続き、今年3回目のご奉仕。マルコの福音書4章35〜41節より「人生の向こう岸」と題して。聖餐式、昼食後に「6月誕生者のお祝い」も。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/21の教会学校のようす

  礼拝では、アダムとエバが善悪の知識の木の実だけは食べていけないという神様とのたった一つの約束を破ったお話し。(創世記3章)

  アダムはエバのせいにし、自分が悪いのを認めず、自分を弁解し、自分を弁解し、神様に背く最初の罪を犯しました。
  エバは、神様の言葉をあやふやにとらえていたためサタンの誘惑にあいました。私たちと神様とのパイプも自己中心的になると細くなり、つまってしまいます。神様につながって栄養が与えられていると太いパイプになります。みことばを素直にとらえ大切に育てていきましょう。(子供7名、大人&スタッフ6名)

  分級では、誕生日の紹介の仕方、曜日、今日、明日、先週、来週などを手話で教わりました。

◆今週の聖句
「あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである」
(創世記4:7)


posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

5月21日週報から「無駄なペンキ」マルコの福音書14章14章1〜9節

◎先週5/14の礼拝◎
  5月の第2主日が教会行事として「母の日」と定められて久しいが、わが教会でさらに範囲広げて「女性の日」(成人)として祝ってきた。
  今年も、教会学校分級で作ったデザート用のお菓子(クランチクッキー)とカーネーション、それにある男性が心を込めて作ったスープパスタで、日頃お世話になっているささやかな感謝を‥‥。男性陣よ、次に続け!礼拝出席53名(子供6名)
  当日のマイク・マギンティー宣教師の礼拝宣教要旨は、以下の通り。

◎「無駄なペンキ」(マルコの福音書14章14章1〜9節)◎
  私の宣教師としての訓練は、高校・大学時代に働いていたペンキ工場で始まった。長時間労働、安い賃金、暑くて汚れる仕事等…。その上、ある日、わたしはドラム缶10個をトラックで運んでいて、下ろす時に不注意で200リッターの黒ペンキをこぼしてしまい、無駄にしてしまった。
  今日の聖書の箇所に登場する、イエス様に高価な香油を注いだこの女性を通して、私たちは大切ないろいろなことを学ぶことができる。「土の器」と呼ばれるような弱い・はかない器にすぎないのに、神様はその中に「宝」(福音)を入れて「価値のある器」に造り変えてくださるのだ。
  パウロは、自分自身のいのちを教会のために、人々のために注ぎ出した。私たちも、自分の「宝」を神様の目的のために注ぎ出すべきである。

◎世界屈指の大美術館「エルミタージュ美術館」へどうぞ!◎
  5月28日(日)午後2時〜。今年の「聖望美術サロン」の第1回目。ロシア・サンクトペテルブルグ随一の宮殿(冬宮)でもある、この美術館の収蔵作品の数は300万点、展示室すべてを歩くと20q以上にも及ぶという。谷岡清講師の厳選した内容と名解説とをお楽しみください。

◎来週5/28の礼拝宣教は井上達夫アート・ミニスター◎
  3月26日に続いて2度目のご用。3週間の個展を終えて、ヘブル人への手紙1章10〜12節より「すでに世に勝利されたお方」と題して。

posted by seibou at 23:59| 週報より (日曜礼拝 10:30〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする